記録で見る大気汚染と裁判
top大阪・西淀川学校内調査資料>保育所の取り組み

西淀川大気汚染公害裁判

学校内調査資料

保育所      画像クリックで資料が読めます

大気汚染の被害はまず子どもと高齢者に出るといわれています。西淀川区内の保育所のデータを見ると、多くの子どもたちがせきに悩まされていた様子がわかります。

◆『西淀川全保育所のアンケート回答まとめ』(1970~1971年)

西淀川区内の全保育所の児童を対象に行った、健康状態に関するアンケート調査の結果一覧表です。区内全児童439名の結果と、出来島保育所での結果が掲載されています。
「扁桃腺がはれ、よく熱が出ますか」との質問には全児童の36.9%、「いつも鼻汁がよくでますか」「鼻がよくつまりますか」には34.3%、「3ヶ月もつづかないが、よくせきがでますか」には45.6%が症状を訴えています。また、全児童の約1割にあたる60名が公害病の認定を受けており、大気汚染公害が幼児に与える健康被害の大きさが分かります。
西淀川全保育所のアンケート回答まとめ
Adobe Readerをダウンロード PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。