記録で見る大気汚染と裁判

日本は太平洋戦争でひどい被害をうけましたが、戦後、急速な経済復興をとげました。
しかし、高度経済成長を続ける中で、公害を生み出し、多くの人が健康や生活に被害を受けました。
大気汚染は、全国的な問題でした。
四日市公害裁判がきっかけとなり、全国各地で大気汚染公害裁判が行われ裁判によって公害対策が進められてきました。
公害を繰り返さないために、資料から経験を伝えます。


更新情報

2015年12月3日
四日市の情報を更新しました。
大阪・西淀川の情報を更新しました。
倉敷・水島の情報を更新しました。